手作りおもちゃ🩺@むつみ保育園

今日は2歳児担任の先生が作った

手作りおもちゃを紹介します😚✨

 

まずはこちら👇👇👇

 

 

 

 

 

 

みんなの大好きなはらぺこあおむし&ライオンで

ボタンのつけ外し練習のための知育玩具です👏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👆👆こちらは はらぺこあおむし🐛

ボタンであおむしの体を繋げていきます🔘

 

 

 

 

 

 

ライオンの裏側はこんなかんじ👆👆👆

たてがみ部分がボタンになっています💡✨

パチンと止めるには指先に力を入れないといけないので

意外と難しいんですね~~🤔

どちらも指先の運動にピッタリ💝

指先を使うことで神経が発達して

細かな動きもできるようになっていったり、

脳に刺激を与えてくれるので思考力や言語力、

運動能力を育てるのに効果的なのです💡✨

 

 

 

 

 

 

 

 

👆続いてこちら👆

お医者さんセットです💉💊🩺

病院=注射!こわい!な子どもたちですが、

おもちゃとなると取り合いになるほどの人気ぶり✨

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんになりきってます😆✨

大きな注射を持って「次の方どうぞ~」

 

 

 

 

 

 

 

「せんせい、ここイタイイタイしました😢」

「どれどれ?せんせいにみせてごらん?」

と言っております💁💁💁

「お熱があるから頭痛いね、お薬飲んでね💊」

「ここイタイイタイだね~絆創膏貼ろうね🤕」

など、子どもたちのやりとりを聞いていると

お医者さんごっこを通して、

相手を思いやる気持ちもぐんぐん育っているように感じます😌

患者さん役の子も、「せきがたくさん出ます」

「昨日からお熱があるんです🤒」と、

病院でのお医者さんと保護者の方のやりとりを

よく観察している証拠ですね✨✨

 

また、病院嫌いを克服できるチャンスでもあります✨

保護者の方や保育士が、病院の先生の様に

「おむねの音をきかせてね~🩺」

「お口をあーんしてください、のどを診ますよ~👀」

というように優しく声掛けをしながら再現することで

実際にお医者さんに同じようにされても

こわくなくなる(かも)!👏😆

むつみ保育園では、内科健診の前には

看護師の先生がお医者さん役になって実践していますよ✨

 

このように、子どもたちは遊びを通して

自然とたくさんのことを学んでいるんですね✨

 

むつみ保育園の手作り知育おもちゃ、

いかがでしたか?💖

今の時代、色々なスゴイおもちゃが売られていますが、

職員が自主的に取り組んでいる手作りおもちゃ🌈♫

先生の愛情たっぷり感じながら遊ぶ子どもたちは

とっても嬉しそうです💕💝

子どもたち自身で作ってみるのも楽しそうですね🤖🌟